Zabbix Enterprise The Enterprise-class Monitoring Solution for Everyone

Zabbix社、ユーザビリティと安定性を強化したZabbix 3.2のリリースを発表 ~実用性が高いユーザニーズを追加~

数百万監視項目の監視が可能な世界中で利用されているエンタープライズレベルのリアルタイム監視オープンソースソフトウェアZabbixの開発元Zabbix社は、本日、長らくユーザーからの要望が多かった実用性が高い機能を取り込み、よりダウンタイムコストの削減やビジネス業務を円滑にすることを実現する最新バージョンZabbix 3.2のリリースを発表します。

「Zabbix 3.2リリースのご案内ができることを大変光栄に思います。最新のZabbixでは運用の簡素化、根本原因の解析、イベントの相関関係機能の搭載や障害の高パフォーマンス処理などによる大規模監視の強化を行っています。」Alexei Vladishev (アレクセイ ウラジシェフ)Zabbix社 CEO。

Zabbix 3.2では、障害の手動クローズ、Webシナリオのエクスポート、LLDで作成されたアイテム、トリガー、グラフ設定の表示、急増するログファイルや多重通知アラートの効果的な処理など、Zabbixをさらに活用するための機能を実装しています。

新バージョンのZabbix 3.2ではより速く、かつより効率性の高い監視処理が可能です。イベントのカスタムタグ機能の追加により、アクションのサービス指向型管理が容易に行えるようになる他、障害復旧用の条件式設定により、簡単に複合条件の作成ができるようになります。Zabbixアラート機能の改善は、通知の負荷を下げ、イベント関連づけて障害原因を特定することを容易にします。

本リリースは障害検知と復旧の処理の改善、トリガー設定の簡易化、警告通知量の抑制、監視対象機器の権限管理と表示のフィルタのためのホストグループ多層化など、様々な要望を取り込み、日々の運用業務を軽減することに注力して開発を行いました。

Zabbix 3.2に追加した多数の機能は、ICT機器の管理と監視のためにZabbixおよびZabbixのサービスを大規模なエンタープライズのお客様向けに提供しているZabbix認定パートナー、監視ソリューションインテグレータのS&T Slovakia社 の開発スポンサー協力のもと実装を行なっています。

Zabbix 3.2はお客様向けにZabbixの次期バージョンが出てから1ヶ月間サポートを提供するポイントリリースバージョンです。ポイントリリースと長期サポート(LTS)リリース、Zabbix サポート期間とリリースポリシーに関する詳細はZabbix サポート期間とリリースポリシーをご覧ください。

Zabbix 3.2のダウンロード: http://www.zabbix.com/jp/download.php

Zabbix 3.2リリースノート: http://www.zabbix.com/jp/rn3.2.0.php

ドキュメンテーションと機能概要: https://www.zabbix.com/documentation/3.2/manual/introduction/features

Zabbix 3.2スクリーンショット