Zabbix Enterprise The Enterprise-class Monitoring Solution for Everyone

システム運用の効率化とZabbixの最新動向 in 福岡

地図が利用できません

イベント詳細

  • 開催日: 2019年07月02日 (火)
  • 時間: 14:30 - 17:00
  • 定員: 20人
  • 費用: 無料 (税込)

会場

  • 福岡会場
  • 福岡県 福岡市中央区渡辺通り2-1-82 電気ビル共創館 3F カンファレンスルームE

本セミナーについて

システム監視のデファクトであり、エンタープライズにおいて利用が進むオープンソース監視ソフトウェア「Zabbix」。2012年10月のZabbix Japan設立以来、日本国内におけるZabbix認定パートナーは、既に50数社におよびます。
インフォコム株式会社・株式会社VINX・ソフトバンク株式会社より、システム運用の効率化をテーマに様々なソリューションを紹介させていただきます。
またZabbix Japan LLCからは、Zabbix最新バージョン「Zabbix 4.2」についてもご紹介致します。
Zabbix構築、監視強化、システム運用管理などに課題を持つお客様にお薦めのセミナーとなります。

アジェンダ

※内容は変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承願います。

13:30 受付開始
14:20-14:30 オープニング

九電ビジネスソリューションズ株式会社

14:30-15:00 セッション1 「ソフトバンクのシステム運用効率化」
LoadStarの自社開発に至った経緯、開発後の効果のご紹介と、運用者の目線にあわせ、追及された使い勝手の良さを中心に、LoadStarが運用を効率化させるポイントを解説します。
また、LoadStarシリーズの各製品をご紹介させて頂きます。

ソフトバンク株式会社 生沼 茂朗

15:00-15:30 セッション2 「Zabbixの効率的な利活用について」
インフォコムのZabbix活動のご紹介に加え、全国でのZabbix利用状況をInterop Tokyo 2019の出展報告を交えご紹介いたします。
また、Zabbixを使って簡単に監視構築を行いたい企業様向けに、「Zabbix4.0アプライアンス構築ソリューション」、またジョブ管理ツール「LoadStar Scheduler」と、他ジョブ製品からの移行支援についてご紹介いたします。

インフォコム株式会社 吉田 和也

15:30-16:00 セッション3 「AI・IoTを統合した監視ソリューションの紹介」
AI・IoTデバイスと連携し、統合監視を行う「VI-Manager」をご紹介します。複数台のZabbix、及び各社監視ツールと連携し一元監視を実現します。また、カメラとAIによる画像解析を組み合わせ、万引きなどの不審行動検知、サーモグラフィーカメラを用いた温度異常検知、その他、IoT機器と連携し、自動的に対応を行います。設備の監視、マンションの警備などの応用事例もご紹介します。

株式会社VINX 赤松 正浩

16:00-16:10 休憩
16:10-17:00 セッション4 「最新バージョンZabbix 4.2とトラブルシュートTips」
OSSの統合監視ツールとして、日本国内/グローバルで普及が進んでいる「Zabbix」。
その最新バージョンである Zabbix 4.2がリリースされました。
本セッションでは、Zabbix 4.2 の新機能について解説するとともに、よくサポートに問い合わせのあるトラブルとそのトラブルシュートについていくつかご紹介させていただきます。

Zabbix Japan LLC 寺島 広大
 

参加登録

本イベントへの参加登録は下記のイベント参加規約を確認の上、参加登録ボタンを押してください。

参加登録するためにはログインまたはアカウントの新規登録を行ってください。


イベント参加規約

  • 本イベントへの参加は事前にお申し込みが必要です。事前登録のない場合ご参加頂けません。
  • 本イベントの対象者ではない方の参加はお断り頂く場合があります。
  • 本イベントへ参加できなくなった場合は、参加登録済みイベントのページよりキャンセルを行ってください。
  • Zabbix社は事前の通知によりイベントの延期、キャンセル、または変更を行う場合があります。
  • Zabbix社は本イベントに関わるいかなる直接的、間接的な損失、損害、利益の喪失に対する責任は一切負いません。
  • イベント中に記録された写真や動画を他の参加者または第三者に公開することがあります。参加者は撮影物の公開に同意したものとします。
  • 本イベントにて使用されている製品及び製品名は各社の商標であり、利用される画像や資料は各社の所有物です。